単純な男性心理がすぐわかります☆

2015年7月30日

チャットレディでの稼ぐコツは
☆男性心理を知ること☆

homeru-e1446348989101

こんにちは‼札幌チャットレディageha従業員の山形です!

チャットレディのお仕事で日ごろ頑張っている方も、
お仕事はしていない方も、
男性、男子って何なの?!というのは
時に悩みの種だったりしますよね☆

男性にとっての女性も同じことが言えるのですが、女性の方がその悩みというのはさらに深かったりしますよね。

男って何で不器用なの?!って思うことが多々あると思いますが、何も考えていないわけではないんです。

考えてはいるけど、的外れなだけなんです(^^;;

なので理解する必要なんて無いんです☆

要点だけわかれば、男性をうまく誘導したり、コントロールしたり、虜にすることだってできます♪

男性って単純ですからね♪( ^ω^ )

男性って何でチャットに遊びに来るの?

まずは男性全般ですが、特にチャットに来るお客さんの心理をお伝えしていこうと思います☆

man_02

そもそもお客さんって、現実世界ではなく、なぜバーチャルな世界で女性に実際に会えもしないチャットに大金をはたいて来るか疑問に思いませんか?

女性心理としては、どうせ会えないのに大金使うなんてもったいないって思ったり、どうせ大金使うならそれなりの会えるような所でお金を使った方が良いんじゃないかって思うんじゃないでしょうか。

一般的な男性、特にチャットに来る男性に当てはまる男性心理は、恋愛において女性より男性の方が打たれ弱く、本気になってしまうのが怖いので一線を引いているって所です。

どういうことかと言うと、男性の方が失恋のときの影響度が大きいんです。

女性も失恋のときはどうなっていまう事かという程、号泣することだってあるとは思いますが、次の日にはフッと切り変わって、友達とランチに行って時間を忘れるほどおしゃべりしちゃった、なんて経験はありませんか?

それを男性はなかなか出来ないんです。

不器用だからいつまでたっても切り替えが出来ず未練タラタラなんです(^^;;

それを、ライブチャットをご利用されてる男性は

●お金を払っているのは自分だから、引くも追いかけるも必ず自分主導で出来ると思っている

●好みのチャットレディとの関係がうまく行かなくても、一線を引いているから心理的ダメージは無いと思っている

●女性との交流はしたいが、傷つきたくないので、チャットなら絶対大丈夫!

と思って現実世界より気軽に女性と交流する事が出来ているんです。

ですが、
それはただの自己暗示です☆

152

こんな男性は自分のスタイルを貫けば、
傷つかないというビジョンをもっています。

そんな暗示はどうせ長く続きません。

本当は、

●少ないお金で、リアルな恋愛関係に発展する可能性はあるんじゃないかな?

●自分主導でチャット出来るんだから、好みの女性を見つけたら、納得出来る所まではチャットしたい。

●何か良い雰囲気な気がするから、今だけ押してみて、うまくいかなかったら次は早く引くことにしよう。

と思っているんです。

なのでしばらくは、まるっと乗っかってみましょう♪

そうするとお客さんは、これで、このチャットでは自分が主導権を握れると錯覚していきます。

そしてしばらくチャットが続いたら
反撃開始です♪

これは内緒の男性心理ですが、
最初から最後まで自分のシナリオ通りっていうのも悪くは無いのですが、本当はダメなんです。

途中は紆余曲折あったけど、最後は自分のシナリオにはまった。

そんな感覚にチャット内ではなくて、
リアルな現実世界で出来たと、
そこは器用に重ね合わせて優越感を感じられるんです。

子供の頃に見たヒーローは、一度ピンチを迎えてからじゃないと相手を倒さないという感じに似ています。

なので、それを女性側から作り上げちゃいましょう。

今までシナリオ通りにわざと進めさせておいて少し落ち着いてきたら、様子を見て急に話題を振ったり、対応出来ることにあえてジャブ程度に渋ってみたりしてみてください。

コツは本当に少しずつ、ごめんと誤るのではなく、いつでも笑って嘘だったと言える程度の範囲に収めることです♪

その後の男性の行動は☆

実際男性にヒーローはいないので、
とっさの揺さぶりに柔軟に対応出来ず、
熱を持って自分のシナリオに近づける努力を始めます。

ここまで来たら虜候補生の出来上がりです♪

また緩やかに男性のレールに乗っかってあげましょう☆

そこから常連になるかどうかは運次第。

彼氏彼女の関係も似ていますね♪

男性心理の初級編でした☆

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

Share Button
札幌チャットレディageha

ご質問は24時間 OK!!
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 0120200399

  • ageha-girl@softbank.ne.jp

  • 応募フォーム

  • QRコード