チャットレディのお仕事☆超重要な待機のコツとは?②

2015年7月10日

☆札幌チャットレディageha☆従業員の藤原です!!

さて今回も前回の続編として引き続き、
【待機について】のお話をしていきたいと思います。

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s1

男性に好まれやすい基本的な待機をしていても、なかなかチャットに繋がりにくい場合はどうすればいいのでしょう?

昨日も話しましたが、少々待機が続いても
モチベーションを低下させないことが重要です。

待機する女性自身が諦めてしまっては
いい結果はなかなか望めないでしょう。

従って、基本的な待機をしても待機が続く状況に陥った場合は少し違った映し方をしてあげるのが効果的といえます。

男性側からすると待機映像は、
音のない映像だけの世界です!!

声を聞かせてあげることもできないので映し方で違ったアピールをしていくことが必要となってきます。

意外性を演出することで
男性の興味を引き付けましょう!

一言で簡単に言ってしまうと、他の女性よりも目立ってしまえばいいのではないかということです。

しかし、良くない印象で目立っても
逆効果になってしまうことも考えられます。

☆札幌チャットレディageha☆在籍女性で
しばらく前の話なのですが、こんなことがありました。

ももかさん(24歳)の場合

10987766_1439294129694477_5668843675677076729_n1

ももかさんはいつも基本的な待機を続けていたのですがついこの間、しばらく待機が続くとおもむろにカメラを持って普段とは違う場所にカメラを設置したようです。

それまで、ももかさんは10分以上も待機が続いていたようなのですがカメラの位置を変えた瞬間のタイミングでチャットに繋がったのです!

それを偶然と考えるか、
映像が動いたことで男性客が興味を引かれたと考えるかは
正直なところ意見の分かれるところだとは思います。

しかし、それまで待機が続いていたのにたった少しの工夫でチャットが始まりしかもそのチャットは2時間以上も続いたので待機時間も短くはなかったにもかかわらず、それをきっかけに結果としては普段よりも明らかに稼ぐことができたのです!

2時間以上チャットをした男性客は、ももかさんにかなりの興味を感じてチャットに参加したと思わせるに充分な出来事ですね。

ももかさんの待機を見ていた女性従業員からその話を伝え聞いて、お帰りの際にどうしてそうしようと思ったのかを尋ねてみました。

「ちょっとだけ気分を変えてみたかっただけなんです」との返事を聞きながら、改めて気持ちの持ちようがいかに大事なのかを知った思いがしたものです。

諦めてしまっていては決して気分をかえてみようとは思わないはずなのですから。

普段と違うことをしてみるというのは
けっこう勇気が必要だったり、
面倒くさっかったりもするのでしょう。

ご自身のお給料を左右しかねない事であるにもかかわらず、意外なほど待機中の女性は同じような待機をしている方が多いので男性の興味を引き付ける努力をしてみましょう☆彡

創造力を生かして人と違う待機を…♪

これも結構前の話なのですが、☆札幌チャットレディageha☆でお仕事中の女性が待機されている際に印象的な光景を見ました。

けいさん(26歳)の場合

37de6d33-s

けいさんは待機している際に飲み物を手にして飲んだりしながら、何やらカメラに向かってその飲み物の銘柄をアピールしているようです。

決して容姿が男性受けするとは言いにくい女性でしたが、その姿はとても可愛らしく感じられて、きっとこの女性は他のチャットレディの女性とは別の魅力で生き抜いていけるのではないのかなという印象を持ったものです。

けいさんが持っているものは他人より優れた‘創造力’です。

今あるものを使ってより興味深い映像を配信していくことは、理屈というよりはセンスなのではないでしょうか。

一般的な待機のマナーとしては飲み物を飲みながら待機することは良くないと思われることです。

しかし、けいさんは基本的な待機だけを教えてもらっただけで、マナーすれすれのところで私が一瞬心を奪われるような待機をしてみせたのですから驚きでした。

けいさんはその後チャットレディーとして著しく頭角を現し、常にサイトの上位にランクされるような存在となり、今もなお活躍されております。

チャットレディの皆さんも日常漠然とされている待機をいつもと少しだけでも変えてみませんか?

意外な発見があるかもしれませんよ♪

Share Button
札幌チャットレディageha

ご質問は24時間 OK!!
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 0120200399

  • ageha-girl@softbank.ne.jp

  • 応募フォーム

  • QRコード