会話が盛り上がらないなぁとガッカリされる残念パターン

2015年8月18日

☆

こんにちは‼札幌チャットレディageha従業員の山形です!

異性とコミュニケーションを取る場合は、
会話の面白さ、センスなどは男女ともに重要ですよね。

特に気になる男性と話す場合、
沈黙ばかり続いていたら不安になってしまうと思いますし、
会話は盛り上がりにくくなってしまいます。

逆にうまく会話が盛り上がれば、
より親しい関係になっていく後押しにもなるでしょう。

ライブチャットのお仕事でも、
会話が盛り上がった方がチャットが長く続き、
お給料は稼ぎやすくなりますので、
同じく意識しておいて損は無いと思います。

うまく会話を盛り上げられる方は問題ないと思いますが、少し苦手な方には、男性に会話がつまらないなぁと感じさせてしまうポイントをお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいませ♪

会話が常に受身

ec203759cdd8b625d845db441ee3844f_s

どんな話をして良いかわからなかったり、
話題が思い浮かばなくて、
よく受身になってしまう方も多いと思います。

ましてや、「何か面白い話をしてよ!!」とか、「私の気分を乗せるような話してよ!!」というような空気が感じ取れると、男性から「会話するだけで疲れる↓↓」と思われていまいます(´っω・。`)

慣れてなくてうまく話題を振れなかったりするのは仕方の無いことですが、本当は自分も一緒になって会話を盛り上げたいんだと思う気持ちは大事です。

このポイントを抑えておくと、返答や表情が変わってくると思いますので、「話がつまらないな」、と思われてガッカリされなくなり、男性主導の会話だったとしても、「もっと楽しく会話したいからいろいろパス出してみよう」と思ってもらえるようになるでしょう。

目が合わない、
顔が横を向いている

140409_ousizaogata-ukemi

目が合わない、顔が横を向いている会話は、
ちゃんと話をする気がなさそうな印象や、
投げやりな印象を与えてしまいます。

会話中は目線や顔の向きも会話の一部なので、
しっかり男性の方を向いて話しましょう。

チャットレディのお仕事では、
男性と直接会って話すわけではないので、
カメラを男性と思って時折カメラ目線をしたりして話すと
男性はドキっとするはずです♪

無表情、笑顔が少ない

768d80073067d25466a6c4beaf8f792c

女性の笑顔は男性のエネルギーになります。

よく笑っている女性を見るだけで男性は心を奪われてしまいますので、万遍の笑みでエネルギーをもらった男性はさらに楽しい会話にしようと場を盛り上げてくれるはずです。

そうすればうまく話題を振れなかったとしても、また女性の笑顔を見たいと思ってすかさずフォローしてくれて、自然と会話が盛り上がっていくはずです。

感情があまり表に出なく、無表情に見えてしまったり、
緊張があって笑顔を作れないときもあると思います。

ですが、自分が思っている本心や性格は相手には見えないので、会話をつまらないと思っている印象を与えてしまいます。

そうなれば、本当は楽しく会話をしたいと思っていても、悪い印象も持たれてしまい、会話もあまり協力してくれなくなって沈黙が出来てしまうでしょう。

それはとても損なので、新しい話題が思い浮かばなければ、笑顔をや明るい雰囲気で男性の気分を上げさせて、話題を振ってもらうというのも会話を続けるテクニックです。

延々と話続け、
自分で言ったことに笑う

img_01

ずっと沈黙で話題を振らないというのも
会話したくないという印象を与えてしまいますが、
一方的に話し続けられたり、
自分で言ったことに自分で笑われると
男性はおいてきぼりな気持ちになってしまいます。

会話はお互いに協力してキャッチボールすることが大事なので、興味のある話題を探しながら話すしてあげると良いでしょう。

ネガティブな発言が多い

gatag-00007293

他人の悪口や、後ろ向きな発言などのネガティブな話は、
暗い気分になりますし、性格も疑われてしまいます。

女性同士で軽い愚痴を言い合う感覚であったとしても、男性にはあまり無い習慣なので、男性自身が言われているかのような感覚にさえなってしまいます。

言ってスッキリすること以外はデメリットしか無いので、
控えたほうが良いでしょう。

スムーズな会話のキャッチボールに慣れていない方は、
これらの項目が不意に出てしまわないように注意して、
盛り上がる会話のきっかけ作りに役立ててくださいませ☆

Share Button
札幌チャットレディageha

ご質問は24時間 OK!!
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 0120200399

  • ageha-girl@softbank.ne.jp

  • 応募フォーム

  • QRコード